【USM:S7中盤使用】マンマンナットドラン

S7の中盤に使用した構築です。

 

カラーさんがS6に使用した構築をほぼパクりましたが、少し型を変えました。

 


f:id:mrarom:20180116030604j:image

(途中色々変わっていますが一番安定した並びを公開させていただきます。)

 

 

 

アーゴヨンボーマンダを無理やり1撃で葬るために鉢巻マンムーを採用することにしました。取り巻きは相性補完の優れるマンダナット、リザードンへの牽制+アーゴヨンのストッパーとして風船ドラン、メガバシャ入り対策にマリルリ、その他ごまかし枠としてミミッキュを採用しました。

 

ボーマンダ

171-192-151-145-99-189

流星群 大文字 捨て身タックル 地震

よくいる両刀マンダ。地震は選択、正直エッジや羽休めの方が使いやすいと思います。

 

マンムー 鉢巻

189-198-101-x-103-108

氷柱 地震 礫 叩き落とす

構築の始点。礫でマンダアーゴヨンを超高確率で持っていきます。一定数いたポリクチにも刺さっていました。叩き落とすの枠は選択。使うならヒートロトム意識のストーンエッジでいいと思います。

 

ナットレイ 食べ残し

181-116-167-x-168-22

ジャイロ 叩き落とす やどりぎ 守る

対ポリ2入り受け回し構築枠。無理矢理両受けにしました。叩き落とすはグライやカグヤ、ヒードランの後だしされた際かなり有利に立ち回れるというメリットがあり、実際上記だけでなくナットレイミラーの際回復ソースを無くせるので重宝しました。リザードン+水タイプには後述するヒードランと合わせて積極的に後投げしました。

 

ヒードラン 風船

191-x-127-171-128-129

噴煙 大地 岩石 ステロ

リザードン軸に対する牽制。ステロは毒々でしたがヒートロトムが重すぎたので変更。岩石で素早さ操作したあとに色々する型ですが、火力不足だったり地震持ちリザ/めざ地アーゴヨンに悩まされ続けました。

 

マリルリ水Z

188-112-102-x-103-86

アクジェ アクアブレイク じゃれつく 叩き落とす

バシャーモ軸にボーマンダと繰り出していく枠。水ZはフェアリーZあたりと選択ですが、ボーマンダギャラドスの悠長な舞を許さないフェアリーZを推奨します。個人的な意見ですが、アクジェの通りの悪さを考えるとマリルリはZで打ち分けれた方が強いと思っています。

 

ミミッキュ ミミZ

131-159-100-x-125-148

じゃれつく かげうち 呪い 剣の舞

誤魔化し枠。特に言うことはありませんが、化けの皮という特性はやはり最強だと思いました。

 

 

 

一応メインサブ両方2050辺りまで行きましたが、グンチガルやめざ地面アーゴヨン、(ダスト)めざ炎ゲッコウガに圧倒的に弱く溶かしました。なので解散、公開することにしました。

 

ゲッコウガが圧倒的に多い環境なだけあってボーマンダにとっては向かい風な環境だと思いました。

 

まだ潜ると思うので、よろしくお願いします。