読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tiny Strategy

産廃養成施設

物理ロズレイドの考察

特殊アタッカーとして名高いロズレイド

f:id:mrarom:20160730210608p:plain

今回は特殊ではなく、物理アタッカーとして使用できるかどうか考察してみたい。



意地っ張りAS特化
テクニシャン 気合の襷/命の玉/ラムのみ等

タネマシンガンor花吹雪/毒づき/ミサイルばり/剣の舞

候補:眠り粉、身代わり等

特殊ロズレイドとの差別化は厳選難易度くらいだろうか。お花のお香×赤い糸にしない限り神通力めざ○○スボミーが生まれないのだから。一方、タネマシンガンとミサイル針も同様に遺伝であるものの、ロゼリアでも覚えられるので、手間がかなり省ける。

一応瞑想ポケモンにドヤ顔で突っ張れることも理由の1つということにしておこう。

調整案1
陽気AS特化
ただのぶっぱ。最速にすることによって上からマンムーを葬れる可能性が高まるため、基本的には最速にすべきだろう。

調整案2
陽気
H60A252B4D4S188
一応スイクンの冷凍ビームを最高乱数切り2耐えするが、耐えたところで確定1発にできるわけでもないため、調整する必要性はそこまで高くないと思われる。A200マンムーの氷の礫+ステロダメージを最高乱数切り耐えするが、そもそも氷柱張から入ってくるマンムーの方が多いため、そこまで意味はない。

テクニガッサとの差別化はフェアリーに強く出せることくらいだろうか。ぶっちゃけガッサを使ったほうが強いのは言うまでもない。



結論としては、ロズレイドは素直に特殊アタッカーとして採用すべきだということが言えよう。草タイプ物理アタッカーはナットレイキノガッサを採用しよう。



拙い記事を上げてしまったことをここまで閲覧してくれた諸君だけでなくロズレイドに謝りたい。質問疑問等があれば、当記事かツイッター(@Rosepoke0826 )に連絡してほしい。