Tiny Strategy

産廃養成施設

身代残飯ドリュウズ

恵まれたタイプと絶妙な素早さ、そして攻撃力の高さと技範囲が売りのドリュウズ

f:id:mrarom:20160710192420g:plain

今回はちょっと変わった地雷ドリュウズの考察をしていきたい。ちなみにこれは私の友人が5世代の頃に考察した型である。(下のリンク参照)



性格:陽気
特性:型破り
個体値:C抜け5V
努力値:156-100-0-0-0-252
実数値:205-168-80-☒-85-154
地震/身代わり/角ドリル/岩雪崩(選択)
候補:アイアンヘッド、燕返し、毒毒、岩石封じなど



HPをここまで振ると、ラッキーの地球投を身代わりが耐える。Sは最速、Aは余り。最近よく見る耐久ボルトに強く(気合ボールは避ければ万事解決)、バンギムドー、ラキヤドラン等の受けループにも身代わりから展開すれば角ドリルの施行回数を増やせる。ただし、グライオンが重くなるので後続でのケアが必要。



役割対象
受けループ、鈍足耐久ポケ、化身ボルト、電気枠、ギルガルド

崩せる並び
ポリクチ、クレセドラン、バシャナットサンダー、バンギムドー等

ただし、角ドリルが当たる前提。



どくまもガルドに強いコマとして入れてみたが、最近はアタッカーガルドが多いため素直に玉地震でいい気がする。ちなみにCに薄いガルドのシャドーボールを食べ残し込で2耐えするので、この型のガルドが重く電気の一貫を消せるコマとしてパーティーに組み込むのが得策か。



ちなみにドリュウズを見ると引く相手が多かったため、後出しで出てきたポケモンを角ドリルで処理後身代わりを残したまま有利に立ち回れたり角ドリルでワンチャンスを掴め逆転勝利という事態が多々あった。



普通のドリュウズに飽きた方はこのような奇形を使ってみてはいかがだろうか。


追記:以前Twitterにて、最速にする理由を聞かれたので、ここで答えさせていただく。

最速にするメリット
①殆どのサザンガルドを上から崩せる
②準速メガバシャーモと身代わりの択になったとき上から地震でKOできる
③耐久はそこまで高くないため、耐久振りしてもあまり意味をなさない

こんなところだろうか。この型に必要なのは火力ではなく身代わりや角ドリルによる試行回数稼ぎ→PTで重いポケモンを葬ることなので、正直な話身代わりが地球投げを耐えれば問題ないと思われる。

この子がいなかったら2200なんて夢のまた夢だっただろう。



追記2:角ドリルが当たる確率の向上について
仮に8回一撃技を選択したとする。この際、少なくとも1回でも当たる確率は

1-0.7^8≒0.95

つまり、95%前後の確率で1回は当たることになるのである。

また、クレセリアの冷凍ビームやラッキーの投げ、更には耐久化身ボルトサンダー等のめざめるパワー氷を身代わりが1度耐えるので、試行回数が稼げる。

身代わり→角ドリル→角ドリル→...と、繰り返せば命中する確率の向上が可能である。

稚拙な文体だけに、何を意図しているのか理解できないかもしれない。
要約すると、当ドリュウズのコンセプトは1撃必殺による一発逆転ではなく耐久ポケモンに繰り出し身代わり→角ドリルによる施行回数稼ぎによる突破であることを覚えていて欲しい。



質問や調整案があれば、コメントか私のTwitterアカウント(@Rosepoke0826)まで気軽に問い合わせてください。



リンク
http://bw.yakkun.com/theory/n3823