読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tiny Strategy

産廃養成施設

このブログを閲覧する前に

皆さん初めまして、当ブログの管理をしているあろむんと申します。

 

このブログでは主にポケモンについて取り扱うことが多くなると思われます。

 

また、構築にはロズレイドがほぼ入ってると思いますが、必ずしも選出しているわけではありません。

 

どうぞよろしくお願いします。

 

最高レート(シングル)

第5世代

BW2

最高1611

 

第6世代

ORAS(S9-S17)

S9-12 殆どレートしてない

S13 1866

S14 2000

S15 2018

S16 2212

S17 2113

 

第7世代

SM(S1)

S1 2003

S2以降活動休止

【没案】トリルロズレ

カプテテフなど上から攻撃を与えられればほぼ確実に倒せるのだが、S90というロズレの中速により殆ど上を取れることがなかった。そこで今回はトリルエースとして起用してみてはどうかと考察した。

 


f:id:mrarom:20170403140537j:image

特性:テクニシャン

性格:控えめ

持ち物:命の珠

努力値:188-0-68-224-24-4

実数値:159-x-94-190-128-111

技構成:リーフストーム ヘドロ爆弾 めざぱ地面 マジカルシャイン

 

H 16n-1

B  A182ガブの地震+珠ダメ2回最高2切り耐え(ただの余り)

C (以下ステロ込みで)

リーフストームでガブが確定

ヘド爆弾でリザガモスが確定

めざぱ地面でHDに厚いドランが確定(ステロ無しでも可能)

マジカルシャインでH4メガボーマンダが確定

D C12珠ゲコの冷凍ビーム確定耐え

S 余り

 

切り返しと小回りを効かせるようにした結果、役割対象であったテテフ等「上から殴れれば倒せる可能性が高い相手」を倒せ試合展開を有利に進めることができたため、役割遂行できれば非常に優秀だと感じた。

 

ただし、めざ地面を搭載したにも関わらず対面でヒードランを上から殴れることが皆無だったり、中速のためトリルエースにしてはあまり不向きのようにも思えた。また、素早さを振らなくてもナットハッサムを上から焼けるので、ドランよりそれらを意識しためざ炎のほうがまだ使い勝手が良かったのかもしれない。

 

 

 

この型の使用はオススメできません。このように耐久に厚く振るように調整したいのであれば、正直帯の方が使えると思っています。

 

サンムーンで未だにロズレの役割を見出だせていないので、そろそろ見極めたいというのが本音です。

 

ここまで目を通して下さりありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

追記

この耐久調整だと、達人の帯の方が機能する可能性が高いですね。A182ガッサの岩石封じダメージが66~78、そして特殊麺もC155ゲッコウガの冷凍ビームも珠ダメージの除けば確定で耐えるため、等倍相手に有利が取りにくくなるものの帯にすることで確定数をずらせるメリットの方が魅力的にも感じます。

ごめんなさい

引退すると盛大に宣言しながらやはり戻ってきてしまいました。

 

引退詐欺はよくあることかどうかはさておき皆さん、ごめんなさい(_ _)

 
f:id:mrarom:20170301153556j:image

 

友人達とあって自分の表面的な生活に萎えたり、その後外でヤケ飲み→リバースしてブーツがゲロまみれ(幸い洗ったら復活)→意識が無くなる→新調のリュックをどこかにやる(ちょっと高かった)→更に落ち込む(数日後横浜駅で見つかる)、挙句の果てにはポケモンの構築もしっくり来ない。

 

メンヘラというよりメンタルブレイクを起こしていた時期に勢いに任せてあんな醜態を晒してしまいました。

 

ポケモンに関してですが、引退と言うよりは触れる頻度を極力下げていく方針です。orasのS12以降毎シーズン800試合以上していたので、今後は極力控えるつもりです。

 

勢いとは言え自分の生活を見直す機会であったことには変わりありませんし、やはりリアルを大事にしたいという気持ちは嘘ではないので。

 

 

 

という訳で再びこの豆腐メンタルあろむんと絡んでくれるのであれば感無量です。再びよろしくお願いします。

 

 

 

正直こういう中毒性の高いゲームは深夜までやらなければ何とかなる気はするのですが...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうでも飯島ゆんな事ですが、back numberやコブクロの曲を聞くと何故か落ち着きます笑。テンションを上げたい時はBumpや三代目など聞いてみましょう。